家族葬儀のキタムラ

家族葬に興味がある方のために体験談と基礎知識をご紹介

現代の主流になりつつある家族葬とは

時代と共に変わる葬儀のカタチ

バブルの時代は、とても派手な葬儀が多くとり行われており、後から葬儀内容のオプション費用が発生するなどして、葬儀社が高額の葬儀費用を請求する形が通常でした。
しかし現代では、そのような派手な葬儀は本当に必要なのか、故人の希望する葬儀の形であるのかなどを考えるようになり、家族葬と言う必要最小限で身内だけの小さな葬儀をとり行なう事が、主流となりつつあります。

家族葬にして良かった!と感じるポイント

家族葬の場合は、規模が小さいために葬儀費用を少なく抑える事ができる点が最大のメリットでしょう。
場所にこだわったり借りたりする必要もなく、無駄な装飾がないので一般的な葬儀費用の、約30%から50%程の費用で済みます。
そして弔問に訪れる人の人数も少ないので対応に追われる事がなく、会食の準備も簡単で気を使う事も少なく、遺族の負担が軽くて済みます。
親戚以外の親しい人が弔問に来られても、席順に頭を悩ませたり挨拶などに時間を取られる事もないので、故人との最後のお別れにゆっくりと時間が取れる事が家族葬の良さでしょう。
ですから、家族以外の人が弔問に訪れる場合は、簡単な接客や礼節を重んじていないと感じる事があったとしても、それが通常なのだと理解をしておく必要があります。
そして遺族の方々に配慮をして、出来るだけ弔問やお香典も控えた方が良いのではないでしょうか。

家族葬に決めるときは事前に親族に連絡を

しかし反面、家族葬のデメリットもあるので注意をしなければなりません。
故人の身内の中には、昔ながらの習慣を重んじる人がいる場合もあり、親戚に何の相談もなく決めてしまうと、後からトラブルになってしまう可能性があるのです。
また身内だけの葬儀のつもりが、連絡が不十分な為に会社の人が大勢弔問に来られ、突然の対応に困ってしまう事態にもなりかねません。
このようなトラブルを避けるには、事前の説明と相談をしっかりと行なう事が大切です。

家族葬儀のキタムラコンテンツ一覧