家族葬儀のキタムラ

家族葬に興味がある方のために体験談と基礎知識をご紹介

家族葬に見る今後の新しい葬儀形態の変化

家族葬の参列者は極少数です

家族葬とは、亡くなった人の家族・身内や親族のみで行われる葬儀です。
場合によってはごくごく親しくしていた友人・知人も参列することがあります。
その殆どの人が火葬場まで行くような間柄です。
そのため参列者は極少数に限られます。

高齢化と核家族化が家族葬の普及を後押し

通夜は近親者で密やかに行うか、或いは、通夜無しで納棺を済ませ、葬儀、告別式を行います。
また、通夜も葬儀も行わず火葬のみ行う「火葬式」というのもあるようです。
このような家族葬が取り上げられるようになった理由の一つは高齢化にあります。
職場を退職してから亡くなるまでの期間が長くなりましたので、仕事関係者の参列が減ります。
高齢化は亡くなった人ばかりではありません。その子ども世代もすでに退職している場合も多くなりました。
結果、子どもの仕事関係者の参列も減るので、家族や近親者のみの葬儀が増えてくることになります。

自宅でなくなる人が減ったことが影響しているようです

二つ目の理由は、高齢者の中には、高齢者施設で亡くなる方も増えているからです。
訃報を通知する相手も少なくなり、自然に内輪だけで葬儀をするようになってきているのです。
身内だけで故人とのお別れの儀式をするのが家族葬ですから、自分たちの手で準備や進行をする場合も多くなります。
慣例に則って考えると、葬儀場の決定に始まり、席順、進行、喪主の挨拶や式辞など様々な決め毎や準備があります。
しかし、しきたりや慣習に囚われずに、柔軟に考えて進める方がよいです。
むしろ、家族葬らしさの演出を心掛けたいものです。
例えば、故人の好きだった音楽を流す中で、みんなでアルバムの写真を見て偲んだり、故人ゆかりの品物を並べたり、参列者一人ひとりが故人へのお別れの言葉を言ったりと大事な人との別れの時間を過ごす方法も考えられます。
家族葬は、心からその死を悼む人たちによって悲しみを共有し、別れをしっかり受け止める場であると共に、残された人々の絆が深まる場でもあるのです。

家族葬儀のキタムラコンテンツ一覧