家族葬儀のキタムラ

家族葬に興味がある方のために体験談と基礎知識をご紹介

突然の葬儀に備えて葬儀社と費用の準備は忘れずに

突然訪れる葬儀の連絡

冠婚葬祭の中でも葬儀は訪れる時の予想が難しいものと思います。
不慮の事故などの可能性もありますので尚更です。
人生において葬儀を行うことに直面する場面は、そう何度も訪れないでしょう。
そうなった時にバタバタと慌てないように、事前に前知識も持っておくことが必要でしょう。
前もって知識を持っておくことで落ち着いて対処することができます。

自分が喪主になった場合の備えとは?

葬儀には大きく分けて出席する場合と喪主となる場合の2パターンに分けられます。
今回ここでは喪主になった時の場合について説明したいと思います。
喪主となる時のことを想定して、事前に近くの葬儀会社は調べて把握しておきましょう。
事前に調べることで他社との比較検討を行うことができますので、費用を安く抑えたり気に入ったプランやサービスを知ることができます。
また家の宗派やお墓の場所はもちろん、火葬場の場所なども把握しておく必要があるでしょう。
特に仏教の場合は宗派が多く存在しますので、その宗派によって作法や念仏も違いますので予め自分の家の宗派は把握しておきましょう。

葬儀費用の準備もしておきましょう

また葬儀費用の準備も行っておきましょう。
突然の事で費用がまったくないというような事態に陥らないように、互助会や保険などを利用して、いざと言う時の為に備えをしておくことも大切です。
もしもそのような費用の準備がどうしても出来なかった場合は、お住まいの市区町村で様々な制度がありますので、そういった公共の福祉制度も調べておけば安心です。
突然お身内の方が亡くなってしまって気が動転している状態でも、準備や連絡などを行ったり判断をしなければなりません。
こういった時の為に備える意味で上記のような前知識を持っておくことをおすすめします。

家族葬儀のキタムラコンテンツ一覧